白髪って抜くと増えるの?

年齢とともに少しずつ増えていく白髪ですが、最初に見つけた時にはショックでしょう。

シワとともに加齢を感じさせるのが白髪だと思います。

今まで美しく艶のあった髪がなんだか自信が無くなります。

白髪には何故なるの?

白髪というのは老化現象の一種でメラニンを作る能力が衰えてきて増えてきます。

メラニンが髪の毛を黒くしているのでメラニンがない状態で髪の毛が生えてくると白髪になるというわけです。

ですので、元々の髪の毛は白いということになります。

抜くと増える?

白髪を見つけてしまうとショックのために衝動的に抜いてしまう人が多いと思います。

私の母も手鏡を使って抜いていました。

その時は抜くので白髪が目立たなくなりますが、抜いても同じ毛穴から白髪が出てきてしまうで抜いてもまた出てくるので増えたと思い込むようです。

また、1つの毛穴から複数の毛が出ているので1つの毛穴のメラニンが生産されなくなると同じ毛穴から出てくる髪の毛も次第に白髪になるので増えたと錯覚します。

ですので、抜いたからといって増えたとは言いません。

白髪のが出てくる年齢は?

白髪は男性ですと30代前半から女性ですと35歳位から生えてくると言われています。

白髪が髪の毛全体の50%になるのには55歳~60歳位だと言われています。

個人差があるので一概に言えませんがこう言われています。

ショックが大きいと一夜で白髪になる?

何故か昔からショックで一夜で全ての毛が白髪になると言われています。

ですが、毛髪というのは数ヶ月掛けて白髪になるので短時間で髪の毛のメラニンが消えてしまうことはありません。

ですので、こういう現象はありません。

白髪を抜いては駄目なの?

白髪が少なければやっぱり気になるので抜いてしまおうとしてしまう人がいますが、抜くという行為で毛根の組織を破壊してしまう可能性があります。

それによって隣の毛根まで痛めてしまい、折角の黒い毛が出ている毛根までダメにしてしまう事があります。

ですので、抜くということはせずに知り合いや家族に根元付近からカットをお願いするのが良いでしょう。

他人にお願いできなければ素直に白髪染めやヘアマニキュアを使うのが良いです。

また、白髪の数が少ないのであればヘナを使う事も良いです。

ヘナは天然成分ですので、髪の毛や頭皮を痛める事がありません。

当店でもヘナのメニューがございます。

また特殊な白髪染めもご用意しております。

少しでも白髪になりにくいようにするためには?

食事

栄養不足で白髪になりやすくなります。

銅を含む食品を取れば白髪になりにくいということが分かってきました。

銅を含む食品はレバー、ごま、牡蠣、そば、くるみ、アボガド、干しエビ、松の実、カシューナッツなどです。

睡眠

睡眠不足は万病のもとですが、白髪にもいえます。

しっかりとした睡眠を心がけてゆきましょう。

喫煙

タバコは髪の毛にも良くないです。

タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、血液が髪の毛まで行き渡りません。

栄養が不足すると白髪になるので、食事をちゃんと取っていても喫煙してしまえば栄養が髪に行き渡らないでしょう。

紫外線

紫外線は頭皮のメラニンを作る細胞を破壊してしまいます。

ですので、紫外線をあまり浴びないように普段から気をつけましょう。

まとめ

白髪は抜いても増えない

白髪は抜くと毛根を痛めて頭皮に良くない

白髪は少なければ誰かに根本からカットしてもらう

白髪になったら白髪染めをする

白髪予防は食事で銅を取るようにする

フォローする